スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
DCCsoundもどきディーゼル車編
昨日の続きで、DCCサウンドもどきの最後はディーゼル車を撮ってみました。wavファイルの内容は
・アイドリング(5分間)
・警笛(短い)
・警笛(長い)(2秒間)
・スタート+走行音(16秒間)
・走行音(4分間)
・ブレーキ音(1秒後ブレーキ音、6秒後空気弁音、8秒後アイドリング)
の6種類です。ソフトはVisualBasic 6.0を用いています。(クリックして拡大してください)
diezel_wav.jpg




今回のもどきディーゼル音の感じは?
[広告] VPS

最後のところですが、昨日ほどはずれなかったですね。

スポンサーサイト
2012/12/26(Wed) | 鉄道模型の電子工作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DCCsoundもどきJR電車編
昨日の続きで、JRの電車を動かしながらDCCsoundの真似をしてみました。今回のもどきシリーズで使っているアンプを紹介します。10年ほど前にヤフオクでGET(\800)して、しばらく押入の肥やしになってたものですが、漸く活躍の場が。(クリックして拡大してください)
amp_1.jpg




アンプの内部です。秋月のモノラルアンプキット(11W)を組み立てたようです。今回の用途にはピッタリのアンプでした。(クリックして拡大してください)

amp_2.jpg




JR電車用に5種類のwavファイルを用意しました。(クリックして拡大してください)
JR_yokosuka.jpg




さて今回のもどき具合は?
[広告] VPS

最後のところが、ずれましたね。録画してなければピッタリの感じになるんですが・・・。




2012/12/25(Tue) | 鉄道模型の電子工作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DCCsoundもどきEF58編
昨日の続きで、EF58を動かしながらDCCサウンドの真似をしてみました。wavファイルを作成する一連の作業は、最初にYoutubeの動画からMP3を取り出します。使うソフトはFree Youtube to MP3 Converterです(クリックして拡大してください)
work1.jpg




MP3からwavファイルへの変換に使うソフトは、MP3Deco.exeです(クリックして拡大してください)
work2.jpg




wavファイルを加工(音量の調節、音の連続や削除など)するのに使うソフトは、SoundEngine Freeです(クリックして拡大してください)
work3.jpg




今回、EF58では次のように5~6種類のファイルを録音・加工しました。(クリックして拡大してください)
EF58_wav.jpg




EF58を動かしながら、これらの音をださせてみるとどの程度DCCサウンドの感じに?
[広告] VPS








2012/12/24(Mon) | 鉄道模型の電子工作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DCCsoundもどきD51編 
DCCsoundもどきとは、SL-1方式と同じように、レールに音声電流を流して音をだすアナログ方式です。DCCsoundではありませんが、本当の蒸気機関車の動画やDCC車輌を撮った動画から音声を録音するので、安上がりで音を加えることができます。

youtubeの動画よりMP3を取り出し(Free Youtube to MP3 Converter)、MP3からwavに変換後(MP3Deco.exe)、SoundEngine.exeというソフトで加工して、パソコンに保存。この音声をアンプで増幅してレールに流し、車輌のスピーカーから出させています。
パソコンの横にあるのがモノラルアンプ。(クリックして拡大してください)
D51_sound1.jpg




音ファイル(.wav)の種類です。天賞堂のカンタムエンジニアでも、MRC社のサウンドボックスでも、たくさんボタンがあって、幾種類も音ファイルが登録されているようだから、この場合も9種類のwavファイルを作成。
D51_sound2.jpg




車輌のスピードを調節しながら、マウスをクリックしながら、映像を撮っているので、一人での操作ではこの程度ですが、SL-1で動かしているのと比較して、DCCsoundの感じに?

[広告] VPS

映像を撮りながらなので動きと音声があってませんが、動きにあわせて音声をだしてやれば、かなりDCCsoundの感じに?
この方式の詳細は、私のHPHiro's HO Train Roomのサウンドボックスの製作をご覧ください。

2012/12/23(Sun) | 鉄道模型の電子工作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
原鉄道模型博物館見学
横浜駅東口、横浜三井ビルディング2階にある原鉄道模型博物館へ(2012年12月17日(月)15時~17時)。
第2回フォトウィーク期間中(12/15~1/6)で、撮影(15時~18時可能)を兼ね見てきました。
さすがに1番ゲージの迫力に圧倒されました。(サムネイルをクリックし、拡大してください)

hara_museum_1.jpg
hara_museum_2.jpg
hara_museum_3.jpg
hara_museum_4.jpg
この部屋の隣にあったHOゲージのレイアウト(桜木町駅を中央に周辺をセットした)も撮りたかったのですが、残念ながら撮影禁止でした。

次の写真は、展示されていた車輌の一部です。迫力ありますね。一番大きなのは、1番ゲージです。(クリックし拡大してください)
hara_museum_5.jpg
hara_museum_6.jpg




展示されていた珍しい切符です。昭和21年3月29日の切符ですね。初めて見ました。(クリックし拡大してください)
hara_museum_7.jpg




小雨模様、冬休み前ということもあり、混雑してなくて快適に見学できました。
2012/12/17(Mon) | 鉄道模型の電子工作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。